ピアノ探しならスガナミ楽器

Information コラム・お知らせ

2018.01.30

ピアノを長持ちさせるために!汚れの落とし方と日ごろのお手入れ

ピアノを長年使っていると、知らず知らずのうちに傷が付いたり、鍵盤の不調や音質、音量の変化などが生じることがあります。これらはお手入れ次第で防ぐことができ、長くきれいに保つことができます。今回は、ピアノを長く使い続けるために、汚れの落とし方や日ごろのお手入れ方法をご紹介します。

外装面・鍵盤・ペダルのお手入れ

それぞれの箇所に適したお手入れグッズ、お手入れ方法をご紹介します。

外装面のほこり

表面に付いたほこりは、ピアノ用の毛ばたきで優しく払います。強い力で拭き取ると、すり傷ができる原因になるので注意しましょう。ほこりを溜めないよう、こまめに払い落としましょう。

外装面の手あか汚れ

塗装面に手あか汚れが付くと、ピアノ特有のきれいな光沢が失われてしまいます。そんな時はまず毛ばたきでほこりを落とし、かたく絞ったタオルを使ってお手入れします。水拭きした後は、ネル生地のやわらかいクロスで乾拭きして仕上げましょう。ピアノの塗装が「半艶仕上げ」や「艶消し」の場合は、強い力でこすると艶が出てしまう場合があります。優しく拭き取るようにしましょう。
(艶出しの方法はこちら:自分で簡単にピアノの外装面の艶出しをする方法

鍵盤のお手入れ

最も触れる機会が多い鍵盤は、特に汚れやすい部分です。汚れを蓄積させないためには、弾いた後は必ず乾いた布で鍵盤を拭きましょう。汚れが気になるときには、かたく絞った布で鍵盤を水拭きしてから、やわらかいネル生地のクロスで乾拭きすると良いでしょう。
鍵盤をきれいに保つには、何より「汚れた手で弾かない」ことが大切です。自分ではきれいだと思っていても、手には目に見えない汚れが付いているものです。ピアノを弾く前の手洗いを習慣にすれば、鍵盤を長くきれいに保つことができます。

鍵盤の汚れ

鍵盤の汚れが気になるときに使用したいグッズは、鍵盤クリーナー(キークリーナー)です。注意しないといけないのは、黒檀調天然木には使えないことです。鍵盤上面の素材がアクリペットやフェノール以外の鍵盤には使用しないで下さい。お手入れ後は、クリーナーが鍵盤に残らないように乾いた柔らかい布で拭き取ります。鍵盤の素材が分からない場合は調律師や楽器店に相談しましょう。

ペダルの変色・サビ

ペダルは、銅と亜鉛の合金である、真鍮(しんちゅう)でできています。湿気などの水分に弱い性質なため、年月が経つと変色やサビが生じることがあります。その際に使用したいグッズは、ピアノコンパウンドです。変色やサビを取り、美しい光沢を復元できます。ただし、汚れやくすみの度合いによっては、かなりの時間磨き続けなければならないこともあります。

その他、ピアノを長く使うために気をつけたいこと

ピアノの上に物を置かない

ピアノの上に物を置くと、音に影響が出る原因になります。ピアノの音を出す響板がよい音を出すには、ピアノ全体の「振動」がとても大切です。しかし、上に物が置いてあると振動が吸収されて響きが悪くなり、雑音が出ます。中でも特にピアノの上に置いてはいけないものは、花瓶です。万が一倒れてピアノの内部に水が侵入すると、サビや故障の原因になります。ピアノは湿気に弱い楽器であるため、十分に注意が必要です。

フルカバーは使わない

「ピアノに傷が付かないように」「ほこりがたまらないように」と、ピアノにフルカバーをする方が少なくありませんが、フルカバーはピアノにとってよいものとはいえません。ピアノにフルカバーをすると風通しが悪くなり、湿気がこもるからです。

中古ピアノのお手入れ

ピアノの購入を考えたとき、さまざまなピアノを見比べた結果、中古ピアノを選ぶという方も少なくありません。年月が経っていても十分に使用できるきれいな中古ピアノは、前の持ち主がお手入れを欠かさず大切に扱っていたからです。中古ピアノを購入したら、より長持ちさせるために丁寧な扱いと、こまめなお手入れを心掛けましょう。

ピアノは、とてもデリケートな楽器です。年月が経つにつれ少しずつ劣化してしまいますが、お手入れ次第では長持ちさせることができます。正しいお手入れ方法を知って、ピアノをよい状態に保ちましょう。

関連記事


お問い合わせ・お申し込み

下記項目の必要事項をご記入のうえ、送信ください。
お急ぎの際は、お近くのスガナミ楽器店までお電話ください。
必須は必須項目です。

氏名
 名
ふりがな
せい めい
メールアドレス

ご連絡可能なメールアドレスをご記入ください。

電話番号

日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください。

お問い合わせ内容
ご質問内容

500文字以内でご記入ください。

よろしければ以下のアンケートへご協力ください。
ご希望に合ったピアノが入荷した際にご連絡させていただきます。

ピアノの用途
ご希望のタイプ
ご希望のメーカー/機種
ご予算
デザイン・機能などのご希望
入荷連絡方法


ピアノをさがす