ピアノ探しならスガナミ楽器

Information コラム・お知らせ

2019.03.12

グランドピアノで弾く重要性

先生から、「練習する時はグランドピアノで弾いてください。」「グランドピアノしか弾けない音色や演奏技法がある。」など、よくそのようなお話を聞きませんか。
そこで、今回はグランドピアノで弾く重要性をご紹介いたします。

音色の表現力の幅について

フォルテ・フォルティッシモ(f・ff)やピアノ・ピアニッシモ(p・pp)のように強弱をつけて演奏する時、微妙な力のつけ方で、響きが全く変わります。

フォルテ・フォルティッシモ(f・ff)の場合

アコースティックピアノの中で、サイズが大きいグランドピアノほど一番音が鳴ります。
グランドピアノは、弦が長く、面積の広い響板に振動させて音を響かせる為、アップライトピアノや電子ピアノでは奏でられないダイナミックで重厚感のある響きがあります。

ピアノ・ピアニッシモ(p・pp)の場合

弱く音を響かせる時に、思っている以上に音が鳴ってしまうことや、抜けた音になることはありませんか。
ピアノは、ハンマーが弦にあたり、振動が響板に伝わる事で音が響きます。
ハンマーが、弦にあたる強さを弱くする事で、ピアノ・ピアニッシモの奏法に繋がりますが、グランドピアノの場合、ハンマーの動きが上下運動の為、鍵盤を押して離す一連の動きがとてもスムーズになります。その為、より小さな音色をコントロールする事ができます。

※アップライトピアノは横の動きでハンマーをヒモで戻します。

技巧的な演奏法について

同音連打や早い演奏法はピアノ内の鍵盤アクションの構造によりグランドピアノが最も反応します。

同音連打について

同じ鍵盤を連続して弾く奏法です。これは一連の鍵盤アクションがスムーズに動く事で反応してくれます。
※グランドピアノは1秒間に14回以上です。
※アップライトピアノは1秒間に7回程度です。

いかがでしょうか。グランドピアノでしか奏でられない響きやテクニックが沢山あります。
日ごろグランドピアノで練習する事で、技術の向上はもちろん表現力の幅が大きく変わりますので、設置スペースによっては、小型のグランドピアノもオススメいたします。
小型のグランドピアノと最高級クラスアップライトピアノは、価格がほとんど変わりませんので、グランドピアノ(約3畳分)を設置するスペースを確保し、グランドピアノに拘っていただきたいです。
スガナミ楽器経堂店・グランドピアノサロンは、アコースティックピアノを約30台展示しております。是非お気軽にご試弾ください。ご試弾をご希望の際は、事前にご予約の上ご来店下さいませ。
皆様のご来店をお待ちしております。

関連記事


お問い合わせ・お申し込み

下記項目の必要事項をご記入のうえ、送信ください。
お急ぎの際は、お近くのスガナミ楽器店までお電話ください。
必須は必須項目です。

氏名
 名
ふりがな
せい めい
メールアドレス

ご連絡可能なメールアドレスをご記入ください。

電話番号

日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください。

お問い合わせ内容
ご質問内容

500文字以内でご記入ください。

よろしければ以下のアンケートへご協力ください。
ご希望に合ったピアノが入荷した際にご連絡させていただきます。

ピアノの用途
ご希望のタイプ
ご希望のメーカー/機種
ご予算
デザイン・機能などのご希望
入荷連絡方法


ピアノをさがす