ピアノ探しならスガナミ楽器

Information コラム・お知らせ

2018.07.17

音の響きはコレで決まる!ピアノの「響板」とは?

音の響きに影響する部品、「響板」は、ピアノの心臓といわれているほど重要な部分です。そのため、中古ピアノを選ぶときは特に重要視する必要があります。今回は、「響板の概要」と「中古ピアノを選ぶときに注意したい響板の欠陥について」ご紹介します。

ピアノの響板は何のためにあるの?

響板とは音響部材の板のことで、音を増幅させたり豊かにしたりする役割があります。響板の場所は、グランドピアノはフレームの下、アップライトピアノはフレームの奥で垂直に立っています。
響板が音を響かせる仕組みは、以下のようになっています。

  1. 鍵盤を押す
  2. 鍵盤の奥にあるハンマーが連動する
  3. ハンマーが弦を下から打つ
  4. 弦の振動が駒に伝わり、駒から響板に伝わることで響板全体が振動する
  5. 響板が空気を振動させる
  6. 大きな音が鳴る

弦の振動は駒を介して響板に伝わり、響板が空気を振動させることで大きな音が鳴ります。つまり、響板は弦の音をより響かせるためにあります。ピアノは響板を中心に、楽器全体が振動して音を出しているのです。

ピアノの響板が木から作られているわけ

ピアノの響板は、木から作られています。「音を響かせることが目的なら、金属製のほうがいいのでは?」と考える方もいますが、響板が木で作られているのには理由があります。
金属製の棒を叩くと、鉄琴のキーンという高い音が出ます。これでは少し音が高すぎて、耳障りに感じてしまいます。その一方、木はこの高すぎて耳障りな音を吸収し、低音だけを響かせるという習性があります。
ピアノの丸みのある音は、木で作られた響板が耳障りな音を吸収してくれるお陰なのです。
各ピアノメーカーは美しい響きを追求するために、響板の木の種類にこだわっています。例えば、大手ピアノメーカーでは、エゾマツやアラスカ産のシトカ・スプルースという木を響板に使っています。

中古ピアノを選ぶときは、響板の欠陥に注意!

ピアノにとって致命的な欠陥のひとつは、響板に起こります。響板の欠陥は、雑音や不鳴りを引き起こします。しかし、響板の欠陥はピアノを見て発見できるものではありません。欠陥に気づくには、ピアノを弾いてみることが大切です。ピアノを弾いてみて、「特定の鍵盤で雑音が出る」、「鳴りや響きがよくない」と感じたら、そのピアノは避けたほうがよいでしょう。
中古ピアノの響板の欠陥を見逃さないためには、店舗で試弾してみることが一番です。ピアノ初心者の方や、聞き分けられる自信がない方は、スタッフに試弾してもらうのをおすすめします。

ピアノの心臓といわれるほど重要な、響板。響板の欠陥は、雑音や不鳴りを引き起こします。中古ピアノを選ぶときは響板に欠陥がないか調べるために、試弾がおすすめです。

関連記事


お問い合わせ・お申し込み

下記項目の必要事項をご記入のうえ、送信ください。
お急ぎの際は、お近くのスガナミ楽器店までお電話ください。
必須は必須項目です。

氏名
 名
ふりがな
せい めい
メールアドレス

ご連絡可能なメールアドレスをご記入ください。

電話番号

日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください。

お問い合わせ内容
ご質問内容

500文字以内でご記入ください。

よろしければ以下のアンケートへご協力ください。
ご希望に合ったピアノが入荷した際にご連絡させていただきます。

ピアノの用途
ご希望のタイプ
ご希望のメーカー/機種
ご予算
デザイン・機能などのご希望
入荷連絡方法


ピアノをさがす