ピアノ探しならスガナミ楽器

Information コラム・お知らせ

2018.03.06

6歳までに習わせるべき!?子どもにピアノを習わせるタイミングとは

記憶力や音感の向上であったり、集中力や豊かな表現力が身に付いたりするなど、ピアノにはさまざまな効果があるといわれています。そのため、子どもにピアノを習わせようと考える親御さんは多くいます。習わせるタイミングとしては、子どもが「習いたい!」と感じたときが1番なのかもしれません。今回は、子どもに音楽やピアノを習わせるベストなタイミングについてご紹介します。

なぜ6歳までなのか?その理由は?

子どもに音楽やピアノを習わせるタイミングとして「6歳までがよい」といわれている理由には、聴覚機能の成長が大きく関係しています。耳の聴覚機能は、遅くとも8歳までに完成するといわれています。また、成長が著しいのは、4歳から6歳ころまでといわれています。それ以降は聴覚機能の成長に大きな変化は見られず、それ以降に音感を養うためにピアノや楽器を習わせたとしても、あまり発達は見込めないともいわれています。そのため、聴覚機能の発達を促すには6歳までが効果的で、その時期までがピアノを習わせるベストなタイミングとなります。一方、手や指は5、6歳から発達の度合いが上がっていきます。小さなうちの音楽体験は、情緒や感受性を育むためにも大切です。音楽への興味や好きという気持ちが生まれたら、音楽を聴いたり歌ったりできるグループレッスンを始めてみるとよいでしょう。指先に力がつき、細かく動かすことが出来るようになってきたら、ピアノなどの鍵盤楽器を習い始めるのがおすすめです。

子どもにピアノを習わせたい!ピアノを購入するなら

子どもにピアノを習わせるのであれば、自宅で練習させるためにピアノを購入しなくてはなりません。ピアノには、大きく分けてアコースティックピアノと電子ピアノがあります。親御さんの中には、「どちらの方が子どもの成長に効果的なのか」と考える方も多いのではないでしょうか。
聴覚機能の発達などを目的として子どもの成長のためにピアノを購入するのであれば、アコースティックピアノがおすすめです。弾き方によって音色が異なるアコースティックピアノは、音感だけでなく豊かな表現力も養えます。
しかし、アコースティックピアノは決して安い買物ではありません。「経済的に新品を購入するのは難しい」という家庭におすすめしたいのが、中古ピアノです。中古ピアノであれば、アコースティックピアノを安価で購入できます。もちろんメンテナンス状況によって中古ピアノの質は異なるものの、しっかりとチェックした上で購入すれば、中古ピアノでも質のよいものを購入できます。
子どもにピアノを習わせるなら6歳までに質のよい中古ピアノを購入し、子どもの成長に役立てましょう。

関連記事


お問い合わせ・お申し込み

下記項目の必要事項をご記入のうえ、送信ください。
お急ぎの際は、お近くのスガナミ楽器店までお電話ください。
必須は必須項目です。

氏名
 名
ふりがな
せい めい
メールアドレス

ご連絡可能なメールアドレスをご記入ください。

電話番号

日中ご連絡可能な電話番号をご記入ください。

お問い合わせ内容
ご質問内容

500文字以内でご記入ください。

よろしければ以下のアンケートへご協力ください。
ご希望に合ったピアノが入荷した際にご連絡させていただきます。

ピアノの用途
ご希望のタイプ
ご希望のメーカー/機種
ご予算
デザイン・機能などのご希望
入荷連絡方法


ピアノをさがす